かえたいクセ

 

カウンセリングや心理占星術を学んでいる仲間たちと話して、はっきりと結論がでない、

けれども多分それでよくて、
そのつど考えるのがいいんだろうなぁと思うテーマのひとつが、”かえたいクセ”、との向きあい方。

 

このときに話題になるのは、おもに

”何かをしようとするときに、自信がなくて踏み出せない”

”自分を守る姿勢が頑なになりすぎている”

というような心のクセ。

 

『かえたいクセをハッキリと意識する。
そして、”これからどうなりたいのか”をイメージして、新しい習慣を身につけていくといい』

というのはいずれにしても一致した考え方。

 

意見が分かれるのは、「どうしてそのクセがついたのか?」という、原因との向きあい方でしょうか。

 

●原因を掘り下げて、納得がいくまでしっかり向き合う。

●原因を掘り下げるよりも、これからどうなりたいのかに早めに意識を向ける方がよい。

 

なぜ迷うのかというと、

”意識を向けた方に現実は流れる”、点からいえば、”なりたい自分の姿”を意識する時間を早めにふやした方がいいし、

”気づいてもらえなかった感情はしこりとなって残る”、点からいえば、しっかり原因と向きあう方がいいのかも・・・、と思うから。

 

今のところ私は、原因の根の深さに応じて、向きあう度合いを調整していくといいのかな、と考えています。

こんな感じで。 ↓ 青字の部分が調整にあたるかな。

 

まずは、「ああ、私にはこういう行動のしかたや考え方のクセがあるな」と気づく。

その言動のパターンができあがった原因を思いだしたら、それも見てみる。

だから良くないとか、直さなければならない、とか考える必要はなく、ただそれが原因だったんだ、と意識する、だけ。

※もし、ここで感情が湧いてきたら、それに寄りそってそのときの自分が何を感じていたかに耳を傾けます。

※感情がまだ湧いてきそうだったら、次のステップにいく前に、感情に充分寄りそいます。

 

それから、どんなふうに変えていきたいのか、イメージを描き、そのように行動しはじめます。

こうならなければならないとか、こうなった方が誰かのためにいいだろう、という条件付けで決めるのではなく、

自分が心地良い状態になれるようなイメージを描きます。

そのイメージは具体的な方がいいみたい。お手本になる人をみつけて、その人の言動をまずは真似てみるのもいいです。

 

以前の言動のクセを繰りかえしても、それで自分を責める必要はなくて、ああ、またクセがでているなぁと意識すればいい。

そのあとは、またなりたいイメージを描き、行動にうつす。

※原因をあえて深追いする必要はないけれど、なにか感情が湧いてきたときは、ささいなものであっても、その都度、感情に寄りそいます。

 

原因自体を細かく掘り起こすのは、その記憶を強化し再現することにつながりやすいため、望ましくないかもしれません。

原因そのものではなく、そのときに抱いていた感情にしっかりと向きあう、ことが必要なのだろうな、と思います。

 

感情への寄りそい方 → 今の心のお天気は?

心の整理の仕方 → クリアリング・ア・スペース

 

 

私は、この世を動かし実りをもたらす~山羊座会~ その2

 

山羊座会のお話し、その1からのつづきです。

 

”ハーレムの王”って、占星術を学びはじめたとき、師匠が教えてくれた山羊座のイメージ。

その頃わたしは、山羊座のイメージを、堅実でコツコツ型の真面目、だと思っていました。

 

そんなわたしに、彼女は「イヤイヤそんなことはないよ」、と。

「彼らは遊ぶとなったらとことん遊ぶ。現状でゆるされる限り、最上の贅沢を望むひとたちなんだよ。

時間も資源もムダにすることなく結果をだすため、集中して努力する姿だけをとれば真面目に見えるけれども、

ただ、むやみにコツコツと努力する、というわけではなく、適材適所、合理的にものごとを運ぶのが得意なの。

だから、働くときにはするべきことに集中し、遊ぶときにはその時間を楽しみ尽くす、そのための準備をしっかりするんだよ」、と。

 

女性たちがたくさん囲われているというきらびやかなだけのイメージとちがい、ちょっと調べたところ、ハーレムって、囲われている女性の家族や親族を含め、たくさんの人たちの暮らす集合体のようです。

山羊座は、社会的責任とむすびつけられる星座。組織を管理したり、状況をコントロールする立場が似合います。

自分が統べる人たちにもゆきわたる実りをもたらし、それを維持していく責任感。

関わる社会の秩序を大切にし、みんなの生活を守る力。そんな面も合わせて連想される”ハーレムの王”ともいえそうです。

 

もともと”社会的に認められる”という意識を持っているとしたら、自分の経験や実力がその目的の地にたどり着くまでには、負けん気や根気を大いに必要としそうですね。孤独を感じるときもあるかもしれません。

 

 

山羊座会で拾った言葉

自分から喧嘩は売らないが、争いになったら決して負けたくない

みんなが守っているルールを、まわりのようすに無関心に破るのは許せない

他の人に迷惑をかけている行為は取り締まってもらうように動く、自らも取り締まる

モラル・ルールを守らない人とは友達でいられない

仕切りたがり

楽しむときには徹底的にその時間を楽しみつくす。だから気になることがないように手を打っておく。(電車の時間を気にしないようにホテルの部屋をとる、など)

ただ楽しむだけ、はしにくい。しなければならないことが気になる。しなければならないことのなかに楽しみが入っているのが理想かも。

習い事をするとき、たとえばそれ用の服が必要なとき、続けるか分からないときはどんな服でもいいから間に合わせる。続けると分かったらけっこう凝る。

道具はひとつの用途のものでなく、応用が効くモノがいいという意見が多い。逆に、それぞれの用途がきっちり分かれているのが楽しい、という人も。

 

 

私は、この世を動かし実りをもたらす~山羊座会~ その1

 

山羊座の一般的な印象は、堅実さ、でしょうか。

でも、それは一面をあらわすだけで、山羊座の本質は”野心”、ではないかと思います。

”現実をうごかす何らかの力を手にし、限られた時間、資源を生かしきって成果を生み、そのシステムを維持していく”、という野心。

それは、その場をとりしきる義務感を生むこともあれば、全体を動かす立場:トップにのぼりつめなければ、という焦燥感をもたらすこともあるかもしれない。

 

山羊座会の第1回目は、5月25日(土)国立で開催されました。

山羊座会を思い出すと、頭のなかに、かすかに、チクタク チクタク、と時を刻む音が響いてきます。

同時に、いまいる場所にしっかり同化している安定も感じました。

まさに、”今ここ”、というのが山羊座スピリットといえるのかもしれません。

 

私が時間を気にして仕切る必要もないほど、誰かが、すぐに進行に必要なことに気づいて話が進みやすいようにしてくれました。

掲示する絵をどう置くか、誰がつぎに話をしだすのか。

それぞれの方が話すときにも、わりと一定の時間内におさまっていたのではないかな。

ここは話を自由にする時間、となると、話が途切れないように、テーマがまとまるように、全体が同じ目的に向かって力強く進んでいく。もたついたようなところがない感じです。

 

モラルに対して、熱い思いを持っている傾向がつよい印象でした。

みんながきちんと守っているルールを、まわりの様子には無関心に破る人をみると、かなり情熱が沸き立つ人もいるようです。

「ちゃんとやろうよ!」ということを言いたいし、行政に訴えるなどしてちゃんと対処したい。

 

気になるけれども、自分が手の下しようがない場合は、それを気にしないように気持ちを切り替え、自分ができる別のことに力を注ぐ、という意見もありました。それもまた、すっきりとした判断力ですね。

 

星座の会って、その場にいると、その星座のエッセンスをひしひしと感じます。

山羊座の場合は、なんか肌なじみがいい、というか、なんだろうこの感覚は?っとずっと思っていたのだけど、

違和感がない、んです。現実の世界そのもの、のエッセンス。浮いたところがない。

こういうとおもしろ味なさそうですか?

わたしはこの感覚、ものすごく興味深かったです。

本当に、現実をまわしている人たちなんだな~、と腑に落ちてきたというか。

 

ブログのつづきあります、その2書きます(^_-) →こちら

そして、なんと、山羊座会も第二弾があります~!7月4日(木)です! 詳しくはこちら主催のマリンカさんのブログ→「やぎ座の集い」 再び! 場所・集合時間が変わります

 

 

タロットカードで心の整理をする

img003

 

来月、6月30日(日)に、タロットワンディセミナーをします。

ヒーリングサロンハプナのオーナー、マリエさんが書いてくださっているようにw、

”なんとか一日でタロット占いができるように!”という要請のもとにはじまった企画です。

おかげさまで第4回目。

 

一日でなにをするかというと、タロットカード、(そのなかでも主に、大アルカナ)と”親しむ”、”心のなかの象徴とつなぎ合わせる回路をつくる”、というワーク。

 

占い、というと、カードをスプレッドという決まった形に並べて、カードの意味からストーリーを読みとります。

 

このセミナーでは、カードの意味を頭で覚えるのではなく、それぞれのカードが導き出すイメージの世界を、心と体で感じとれるようになることをめざします。

これができれば、あとは感じたことをピッタリの言葉にあてはめて表現していくだけ。

 

”だけ”と言っても、まだ言葉になっていない感覚を言葉として形にしていく創造的な作業ですから、これは一日にして成らずです。

経験を重ねていくほどに納得のいく表現になっていくと思います。

 

まず、自分のことを占う場合は、表現がつたなくても、どう感じているかを意識し、整理できさえすれば、現実を自分の望むように創りあげていくきっかけや助けに、充分なります。

 

自分のなかにある願いや欲求を、心のみえない場所に蓋をしてしまっておくより、はっきりと意識して、イメージのなかで、分かりやすい場所に置いておけば、実現するために必要な出来事をキャッチしやすいから。

 

そして、自分が感じていることを客観的にみる、ということは、モヤモヤとした感情を整理して心を落ちつかせる、セラピーの効果もあります。

 

 

また、タロットカードが占いに使われる根拠は、”自分の内にある意識と現実に起こるものごとは共鳴している”、というシンクロニシティの考え方。

 

日常的に、タロットカードを通して、自分の意識とまわりで起こる出来事との関わりを感じ洞察する。

それは、この世界のなかで自分が単体として切り離されて存在しているのはなく、目に見えない繋がりのなかで生きていることに気づかせてくれるかもしれません。

 

この感覚が腑に落ちると、なんというか、私は、”時に不確かに感じる人生への不安を、上回る心強さ”を感じるのではないかな、と思っています。

 

 

ワンデイセミナー、もしかしたら今回までで、次回からはツーデイズセミナーになるかもしれません。
なぜかというと、大アルカナだけでなく、小アルカナについても、今よりももっとじっくり時間をとってした方がおもしろいのではないかな、と考えているからです。

 

タロット、シンクロニシティ、潜在意識、などに興味があるかた、ぜひご一緒にどうぞ(^_-)
詳細はこちらです→ヒーリングサロンハプナのブログ

 

 

 

 

夏がくるまえにデトックス☆イベントを終えて

先週の日曜日、南阿佐谷でイベントがありました。

 

私はタロット・リーディングで参加。

いつもおしゃべりしている友だちでも、タロットの教えてくれるメッセージを通して話すと、「あ~、こういう状況なのだな~」とあらためて深く感じます。

はじめてお会いする方でも、カードが伝える物語を通して、今、直面されているだろうテーマ、それに対して感じていること、そしてまだハッキリと意識していないこと、これから起こりうる出来事、が分かります。

そこから、その方がどう感じているのか、本当に願っていることはなんなのか、というところにフォーカスしてお話しをしていきます。

 

短い時間ですが、そうやってひとときだけでも深く人生に関わらせていただけること、人の意識の不思議さを感じられること、貴重な体験です。

 

はじめて受けてくださった方が、「15分のセッションで人生観が変わった気がする」と言ってくださったこと、私にとっても仕事観が変わった感じでした。うれしかった!

 

足圧療法、短い時間しかできなかったのだけど、しっかりリンパが押されて、足腰が軽くなりました。今度はもっと長い時間受けてみたいな。

 

空きがなく受けられなかったアロマハンドトリートメント。次回はきっと。
DSC_0240

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェアメイトたちが来てくれて、一緒にアロマスプレーを作る体験をしました。
いろいろな香りを比べたり、どれが好きか言い合ったり、ささやかなのだけど、すごく楽しかったです!
私はゼラニウムの香りがすき。女性性をいたわったり、リラックスしたりする必要があるのかな。。。

DSC_0241

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のメンバーは始めての組み合わせだったのですが、みなさんどこかゆったりとしているせいか気持ちよく過ごせたと思います。

次回は9月に開催する予定。

 

今回は1回目だったので、どんな感じか試すところもあったのですが、次回からは、少人数+このメンバーだからこそ、という要素を引き出せたらいいな~、と話をしました。

人がひとりひとり、それぞれの運勢:ある方向へ流れる道、を持っているとしたら、おなじ志をもって関わる仲間にもそれはあります。
(占星術でも、化学反応のように合成して読みとる技法があります(^^))

すこしずつ育てていけたらいいな~と感じるイベントです。

 

来て下さった方、用事があって来られなかったけど心に留めてくださった方、ありがとうございました。

 

 

あなたには失敗する権利がある


「失敗してはいけない」

「完璧でなくてはいけない」

「結果が出せないかもしれないこと(失敗するかもしれないこと)をするのはムダだ」


はっきりといつも意識しているわけではなくても、こういう考えにとらわれている方、けっこういらっしゃるのではないかな~と思います。


以前の私もそうでした。

占星術コンサルテーションやタロットリーディングなどのセッションのなかでも、ふだんの会話のなかでも、よく出てくるテーマです。


でも、失敗することを怖れて行動をおこせなければ、なにも変わらないし、その先にある体験も得られない。

たとえ思い通りにいかなくて、その時点で「失敗だ」と思ったとしても、その体験を経て、検討し再挑戦して、期待以上の結果が出せることもあります。

目に見える結果が残せなくても、その課程のなかで学び、成長し、新しい価値観に出会うこともあります。


もしかしたら、「失敗した」ら、実力を疑われる、できない人と思われる、という怖れもあるのかもしれませんね。


でも、『あなたには失敗する権利があります』 基本的人権として。


人は完璧ではなく、失敗するのは当たり前のことだから。

これはアサーション権という考え方。


また、その失敗に対して、責任を取る権利もあります。

「責任をとらなければならない」のではなく、自分のできる範囲で、自分自身が「そうする」という判断をした上で、責任を取っていいのです。

 

 

すこし前に、アサーションというコミュニケーションの方法を学んだ友人、マリエさんと話していて、この「あなたには失敗する権利がある」というアサーション権についてあらためて教えてもらいました。

マリエさんは、アサーションのワークショップもされています。→ヒーリングハウスハプナのブログ

おなじブログで、ご自身の体験談を書いた記事

自分も相手も大切にするコミュニケーションの必要に、あらためて気づかせてもらいました。

 

私もアサーション権を以前学びました。

はじめてその考え方に触れたとき、何となくモヤモヤと感じていたことが、スッキリと説明されていることに気持ちのよい驚きを覚えました。

 

アサーション権はほかにもたくさんあります。たとえば、

自分の行動を自分で選択して実行していい
他者と違う自分の価値観を大切にしていい
自分の意見を主張しなくてもいい
他者の困難に対して援助の選択を自分で判断していい
周囲の期待に応えなくていい


知っておくと、人間関係での悩みに役立つことが多いです。
興味があったら、こちら分かりやすいかもしれません。

コミュニケーション向上のために(アサーション)<京都府若年者就業支援センター(ジョブカフェ京都)>


ふたご座会・みずがめ座会、開催します!


お陰さまで、ぞくぞくと開催がつづく星座の会☆

ふたご座会、みずがめ座会もおこなうことになりました~(^^)♪


ふたご座会 6月19日(水) 10:00~14:00(ランチタイムはさむ)

みずがめ座会 6月22日(土)10:00~13:00



星座会、の面白さは”体感”、かなぁと思います。

おもに神話やサビアン占星術(おなじ星座でも30種類のちがう性質があり、そこから読み取る技法)をガイドとして使い、その星座の特徴をひきだしていきます。



「わたしは○○座です」というとき、この”○○座”、というのは、生まれたときに天空の太陽が位置していた星座をあらわします。



太陽は、「こうありたい」という理想の姿や、人生を創りあげていく力。その人を動かすエネルギーの源。



この太陽のエネルギーがおなじ人たちが集まり、自分のなかから出てきた言葉を発するたびに、共鳴がおこり、その波紋が広がっていくような感じがします。

そうすると、さまざまな理由で縮こまっていた自分のなかの太陽が生き生きと伸びをするみたい。


これを、「星座会の間に、わたしのなかで、何かがスクスクと伸びていきました」と表現された方もいます。

太陽力が伸びをすると、生命力・自分らしさ、がよみがえるイメージです。

 


もちろん、サビアン占星術などホロスコープのリーディングもお伝えします。

こちらの情報も、ご自身の体と心にフォーカスして感じてください。

そこでも、「なるほどっ!」という発見があるようですよ。

 


その姿をみている私は、知識として知っているそれぞれの星座の特徴を、質感や手触りのような感覚で再確認しています。

この体感もおもしろい。

 

興味のあるかた、ご参加お待ちしております(^^)

 

 

私の庭は、きっとあなたを悦ばせる~牡牛座会~ その2


ずしっとした中身のつまったようなおうし座の世界。

その1からのつづきです。

 

体で感じることに素直に生きることは、シンプルでごまかしが効かないもののように思えます。

頭で理由をつけるよりも、ただ、心地良いか悪いか、だから。


頭が先行で過ごしているとき、「まあいいや」と流したり、はじめから見逃したりしている感覚ってあると思います。


おうし座は、五感にうったえる刺激を丁寧に感じて記憶し、そのなかから自分にとって心地よいものを選びとり、それらで自分の手の届く範囲の世界を、少しずつ、納得がいくやり方で満たしていきます。

確信した心地のよさをもとに、満足できる世界をつくりあげていきます。

欲しいと思ったものを手に入れるためには、とても我慢強くなれるみたい。

 


また、おうし座は、”守りに入る”ときがあるようです。

安心がゆらぎそうなとき、まだ定まっていない価値観が乱されそうな怖れを感じるとき。


たぶん、彼らのうちにある価値観は、ありきたりの言葉では表現しきれない、自分の体の感覚だけをたよりに、手探りでゆっくりと形にしていくものだから。

うまくまわりにそれを理解してもらえないと感じたら、黙って固い壁をつくって守るしかないのかもしれません。

 


おうし座が自分を悦ばせる価値観を形に仕上げたとき、その庭は開かれます。

誰にでも、というわけではなく、出来あがったものを時間をかけて愛でる心と、花を踏まないマナーを持った人たちが歓迎されそうです。

 


庭を訪れる人たちは、その美しさ居心地のよさを味わい、五感が満たされる悦びを感じるでしょう。

体が悦ぶことは、生きる力や楽しさを再確認すること。

そして、その姿を見るおうし座の人たちはきっと、心からの喜びを感じるのでしょうね。

 



牡牛座会で拾った言葉。

ずしっと中身のつまった、五感をフルにつかっている、なにかに集中してとりくむときには意識的に五感の回線を切る

好きなことに関しては決して妥協しない、肌触りにこだわる、手の届く範囲を完璧にしたい

知り合いか、知り合いの知り合いがいい、口コミがいい、欲しいものは時間をかけても手に入れる

居心地のよさ、自然のものが好き、自分が決めた枠がきっちりとあるけれど人の枠にはめられるのは絶対にイヤ

一度決めたことを変えさせられると、くやしくてずっと忘れられない。

自分が居心地良くすごしたいために、入念に下調べする。それを喜んでもらえたらとてもうれしい。