空模様

夢見る力、海王星

 

今日24日の未明、天空をめぐる太陽が海王星とかさなりました。

私は、太陽がぴったりと重なる2、3日前くらいからその作用を感じた気がします。

 

太陽は生きる力を産みだす天体。

海王星に重なると、太陽が産みだすエネルギーに海王星の力が加わります。

繊細になったり、

疲れやすく眠たくなったり、

想像力が広がってクリエイティブな表現がしたくなったり、

ぼんやりしたり。

 

海王星は、
浄化、共感力、陶酔、夢、
インスピレーション、創造性、映像、

などの力をもちます。

海王星がつよく作用するとき、体の弱さや心の悩みや不安感がいったん浮き上がってきて調子を崩し、そのあと流れ去ってスッキリとするように感じるときもあります。

そんな時は、ゆったりとリラックスして過ごすのがオススメです。

自然のなかで過ごしたり、音楽やアートに触れて感性を満たしたりするのもいいかもしれません。

 
 

太陽が海王星から離れつつある今、私は眠たさはあるけれど、気持ちはゆったりとして穏やか。
イメージ力がつよまっている感じ。

(影響は数日間つづくと思います。)

みなさまはどうでしょうか(^^)?

 

20140224-142143.jpg

水星の逆行(2月7日〜2月28日)

6日に水星は動きを止め(留)、7日〜28日まで逆行します。

留や逆行というのは実際に天体が止まったり逆行したりするわけではなく、地球からみて止まっている、または逆行しているように見える現象です。

逆行中よりも留になるときの方がやりとりの混乱や気持ちの不安定さを感じやすいようです。
留から逆行の期間は交通、コミュニケーションがスムーズに通りにくくなるときもあります。
丁寧に、かつ余裕をもつことが必要かも。

外側とのやりとりがスムーズにいきにくいというのは、思考が外側よりも内側に向かいやすいから。

これまでしてきたことのやり直しや見直しをするのにふさわしい時期です。

納得のいかなかったコミュニケーションやものごとの取り組み方をやり直して、思うような形に整えやすい流れです。

逆行の期間の受け止め方は個人差があり、早く影響を感じる場合もあります。

さそり座で部分月蝕

 

http://www.nao.ac.jp/contents/astro/sky/2013/04/topics03-l.jpg

これから、26日の明け方に部分月蝕(西日本)。

太陽と月が真向かいになるのは4時57分。

 

月蝕や日蝕はふつうの満月や新月のときよりも影響をつよく感じやすい。

それは実際に観測できない場所でも同じです。

 

ちょうどその瞬間、というよりその前後にわたり心身への影響はあって、運勢や体のケアなどで、”満ちる”向きで考えるなら、満ちてしまう瞬間よりも前の時間の使い方が大切。

これまでに、じわじわと決まってきたなにかがあるかもしれない。

 

さそり座で部分月蝕。本当に求めるもの、心の奥深くの衝動に素直に動く、というイメージ。

夢や理想など、目に見えないものや、まだ形になっていないものに対する感覚を研ぎ澄ませて、それを現実化させるように焦点を絞っていく感じかな。

背後では、現状を突破したい、大きく変えたい、自分らしさを主張したい、という衝動も強まっているようです。