星座会

私は、この世を動かし実りをもたらす~山羊座会~ その2

 

山羊座会のお話し、その1からのつづきです。

 

”ハーレムの王”って、占星術を学びはじめたとき、師匠が教えてくれた山羊座のイメージ。

その頃わたしは、山羊座のイメージを、堅実でコツコツ型の真面目、だと思っていました。

 

そんなわたしに、彼女は「イヤイヤそんなことはないよ」、と。

「彼らは遊ぶとなったらとことん遊ぶ。現状でゆるされる限り、最上の贅沢を望むひとたちなんだよ。

時間も資源もムダにすることなく結果をだすため、集中して努力する姿だけをとれば真面目に見えるけれども、

ただ、むやみにコツコツと努力する、というわけではなく、適材適所、合理的にものごとを運ぶのが得意なの。

だから、働くときにはするべきことに集中し、遊ぶときにはその時間を楽しみ尽くす、そのための準備をしっかりするんだよ」、と。

 

女性たちがたくさん囲われているというきらびやかなだけのイメージとちがい、ちょっと調べたところ、ハーレムって、囲われている女性の家族や親族を含め、たくさんの人たちの暮らす集合体のようです。

山羊座は、社会的責任とむすびつけられる星座。組織を管理したり、状況をコントロールする立場が似合います。

自分が統べる人たちにもゆきわたる実りをもたらし、それを維持していく責任感。

関わる社会の秩序を大切にし、みんなの生活を守る力。そんな面も合わせて連想される”ハーレムの王”ともいえそうです。

 

もともと”社会的に認められる”という意識を持っているとしたら、自分の経験や実力がその目的の地にたどり着くまでには、負けん気や根気を大いに必要としそうですね。孤独を感じるときもあるかもしれません。

 

 

山羊座会で拾った言葉

自分から喧嘩は売らないが、争いになったら決して負けたくない

みんなが守っているルールを、まわりのようすに無関心に破るのは許せない

他の人に迷惑をかけている行為は取り締まってもらうように動く、自らも取り締まる

モラル・ルールを守らない人とは友達でいられない

仕切りたがり

楽しむときには徹底的にその時間を楽しみつくす。だから気になることがないように手を打っておく。(電車の時間を気にしないようにホテルの部屋をとる、など)

ただ楽しむだけ、はしにくい。しなければならないことが気になる。しなければならないことのなかに楽しみが入っているのが理想かも。

習い事をするとき、たとえばそれ用の服が必要なとき、続けるか分からないときはどんな服でもいいから間に合わせる。続けると分かったらけっこう凝る。

道具はひとつの用途のものでなく、応用が効くモノがいいという意見が多い。逆に、それぞれの用途がきっちり分かれているのが楽しい、という人も。

 

 

私は、この世を動かし実りをもたらす~山羊座会~ その1

 

山羊座の一般的な印象は、堅実さ、でしょうか。

でも、それは一面をあらわすだけで、山羊座の本質は”野心”、ではないかと思います。

”現実をうごかす何らかの力を手にし、限られた時間、資源を生かしきって成果を生み、そのシステムを維持していく”、という野心。

それは、その場をとりしきる義務感を生むこともあれば、全体を動かす立場:トップにのぼりつめなければ、という焦燥感をもたらすこともあるかもしれない。

 

山羊座会の第1回目は、5月25日(土)国立で開催されました。

山羊座会を思い出すと、頭のなかに、かすかに、チクタク チクタク、と時を刻む音が響いてきます。

同時に、いまいる場所にしっかり同化している安定も感じました。

まさに、”今ここ”、というのが山羊座スピリットといえるのかもしれません。

 

私が時間を気にして仕切る必要もないほど、誰かが、すぐに進行に必要なことに気づいて話が進みやすいようにしてくれました。

掲示する絵をどう置くか、誰がつぎに話をしだすのか。

それぞれの方が話すときにも、わりと一定の時間内におさまっていたのではないかな。

ここは話を自由にする時間、となると、話が途切れないように、テーマがまとまるように、全体が同じ目的に向かって力強く進んでいく。もたついたようなところがない感じです。

 

モラルに対して、熱い思いを持っている傾向がつよい印象でした。

みんながきちんと守っているルールを、まわりの様子には無関心に破る人をみると、かなり情熱が沸き立つ人もいるようです。

「ちゃんとやろうよ!」ということを言いたいし、行政に訴えるなどしてちゃんと対処したい。

 

気になるけれども、自分が手の下しようがない場合は、それを気にしないように気持ちを切り替え、自分ができる別のことに力を注ぐ、という意見もありました。それもまた、すっきりとした判断力ですね。

 

星座の会って、その場にいると、その星座のエッセンスをひしひしと感じます。

山羊座の場合は、なんか肌なじみがいい、というか、なんだろうこの感覚は?っとずっと思っていたのだけど、

違和感がない、んです。現実の世界そのもの、のエッセンス。浮いたところがない。

こういうとおもしろ味なさそうですか?

わたしはこの感覚、ものすごく興味深かったです。

本当に、現実をまわしている人たちなんだな~、と腑に落ちてきたというか。

 

ブログのつづきあります、その2書きます(^_-) →こちら

そして、なんと、山羊座会も第二弾があります~!7月4日(木)です! 詳しくはこちら主催のマリンカさんのブログ→「やぎ座の集い」 再び! 場所・集合時間が変わります

 

 

ふたご座会・みずがめ座会、開催します!


お陰さまで、ぞくぞくと開催がつづく星座の会☆

ふたご座会、みずがめ座会もおこなうことになりました~(^^)♪


ふたご座会 6月19日(水) 10:00~14:00(ランチタイムはさむ)

みずがめ座会 6月22日(土)10:00~13:00



星座会、の面白さは”体感”、かなぁと思います。

おもに神話やサビアン占星術(おなじ星座でも30種類のちがう性質があり、そこから読み取る技法)をガイドとして使い、その星座の特徴をひきだしていきます。



「わたしは○○座です」というとき、この”○○座”、というのは、生まれたときに天空の太陽が位置していた星座をあらわします。



太陽は、「こうありたい」という理想の姿や、人生を創りあげていく力。その人を動かすエネルギーの源。



この太陽のエネルギーがおなじ人たちが集まり、自分のなかから出てきた言葉を発するたびに、共鳴がおこり、その波紋が広がっていくような感じがします。

そうすると、さまざまな理由で縮こまっていた自分のなかの太陽が生き生きと伸びをするみたい。


これを、「星座会の間に、わたしのなかで、何かがスクスクと伸びていきました」と表現された方もいます。

太陽力が伸びをすると、生命力・自分らしさ、がよみがえるイメージです。

 


もちろん、サビアン占星術などホロスコープのリーディングもお伝えします。

こちらの情報も、ご自身の体と心にフォーカスして感じてください。

そこでも、「なるほどっ!」という発見があるようですよ。

 


その姿をみている私は、知識として知っているそれぞれの星座の特徴を、質感や手触りのような感覚で再確認しています。

この体感もおもしろい。

 

興味のあるかた、ご参加お待ちしております(^^)