星予報

みずがめ座で満月

Thom Rains



3月11日 午前3時9分。

みずがめ座で満月。
今年、もっとも大きく見える満月。

 

みずがめ座は、

個性的
本質的
オリジナリティ
ユニークさ
我が道をいく
偏見のなさ
視点を変える
ものごとのしくみを理解する
未来的
解明する
人道的
論理的

などと関わります。

今回の星まわりでは、

自分のやりたいことを、より素直に表現していこうとしていくなかで、

目を向けなければならない人間関係、
社会的にどういう意味をもち得るか、

という側面について、しっかりと向き合うようにうながされているようです。

理屈では割りきれない、それぞれの人の心の受けとめ方や、
陰ながら支えてくれている存在。
これまで築きあげてきたもの。

自分の立場からだけでなく、
もっと客観的に、それぞれの人の立場からも理解しようと、
視野を広げられそうです。

現状をふまえた上で、
自分も含めたそれぞれの人が自分らしくいられるように、
直面しているものごとの本質を見きわめたいときです。

 

(Photo:Thom Rains)

しし座で新月

7117855037_2321194fc0_b

27日、7時42分、しし座で新月

しし座は、

生きる喜び
自己肯定

ロマンス
遊び
楽しさ
子ども
自己表現
創造力
存在感
尊厳
教える

などと関わります。

今回の星まわりでは、

今の自分が求める喜びを手にすること、自分が創りだしたものをまわりの人にみせること。
豊かなサポートを得て、力づよく推しすすめていく流れがあります。

伸びやかに華やかに、楽しみや自己表現の場が広がるいっぽうで、

「ほんとうに求めているものはなんなのか」、をいったん立ち止まって見極めることも必要かもしれません。

本能に根ざした欲求、どうしてもゆずれないこだわり、
これまで築き上げた基盤や人との深いつながり、
長い時間をかけて努力しているもの。

そういったものを大切に保ちつつ、
これまでよりも、より広い世界に目を向け冒険に乗りだす。
自分の活躍の場を創っていく、ときに思えます。

 

 

★願いごとをするなら★

7月27日の7時42分よりあと。

書くのは2~10個くらいがよい、

8時間以内が影響がつよく、
48時間以内ならば影響がある、
といわれてる。

新月は静かに自分の内面と向きあうのにふさわしいタイミング。

心や体が伝えることにまず耳を澄まして、
感じたことを言葉にしていくのを私はおすすめしています。

こうしてみつけた望みを叶えるために、
まず、「どんな自分になるか」、を表現した願いごとを書くのがいい、感じです。

(7月28日 9:37~7月29日 12:38 はボイドタイム。
ボイドタイムに願いごとを書くのは避けたほうがよいという考え方があります。
ボイドタイムにはじめたことは変化しにくいといわれているからです。
現状維持の願いごとならばよさそうです。)

☆関連記事☆
新月の願いごと、新月から満月までの流れ

 

やぎ座で満月

 

7月12日、20時3分、やぎ座で満月。
やぎ座は、

長期的計画
社会的な立場
責任
義務
合理的な方法
組織
マネージメント
キャリア
戦略的
属する組織のモラルを維持する
ビジネス

などと関わります。

今回の星まわりは、長期にわたる根本的な変化の流れのなかでも、
これまでの半年間に大きく揺さぶられてきた部分の、ひとつのまとめのように思えます。

この変化の大きな流れは、自分を抑えてしまうような、もう必要のなくなったパターンやクセから脱皮させるもの。

つよい衝撃をともなっていたかもしれません。

とくに過去半年は、これまで築きあげてきたルールや土台の見直し、とともに、
具体的に行動を変えていくことが強調されていました。

この動きをつくりだしていた星たちは、7月後半には次々にあらたなステップへと移っていきます。

これまでの自分の成長や変化をふり返り、
すでにつくり変えたところを確かめて、
その上に、長期的な視点で、これからの目標を具体的に描きたいタイミングです。