占星術

さいごのピース

このところ、”ひとつの段階は終わった、そしてもう次のステップに足を踏み入れてる”、感覚がつよい。

”占星術師としてのわたし” というさいごのピースがはまり、ぐっと力強くなったように感じている。

続きを読む

冥王星の軌道とニューエイジの誕生と

一昨日は、星科研究会でヘリオセントリックチャートを読みました。

ヘリオセントリックチャートとは、太陽を中心にしたホロスコープのこと。

それで、もしかしたら〜〜(o^^o)☆、と発見したこと。

続きを読む

わたしたちは星のカケラを抱いている

先週は、基礎講座が終わった方むけの、星科研究会でした。月に1回開催しています。

西洋占星術は、なが〜い歴史をもつだけに、いろいろな技法があるんですよね。

いろんなちがう技法で読んでいくたびに、知っていたけれどはっきり見えてなかった自分が目覚めていく。

続きを読む

乙女座はきれい好きかどうか

占星術であつかう記号は、象徴です。

象徴とは、つかわれる言葉が、そのものの直接的な意味だけでなく、神話のように豊かなイメージの世界をあらわしていること、といえるかな。

続きを読む

水の惑星

梅雨ですね。
お出かけがおっくうになったり、洗濯物が乾きにくかったり、不便に感じることもあるけれど。

しとしとと小雨がふるこんな日に、うすぐらい部屋のなかで過ごすのもけっこう好きです。
窓のそとの瑞々しい緑の葉っぱがとてもきれい。

続きを読む

ファッションを楽しみつつ、自分のスタイルを見つけることは、天秤座の軸をつくること

leaves-1051937_640

昨日は秋分でした
昼と夜の長さがほぼ同じになる日。

西洋占星術の世界では、天秤座に太陽が入る日です。
太陽は1ヵ月をかけてひとつのサインを通っていくので、昨日の夜から1ヵ月間は、天秤座の意識を育てる時期になります。

また、すこし前に、チャンスの種まきをサポートする木星が、天秤座に入っています
木星はおよそ1年間をかけて天秤座をとおっていきます。 続きを読む