太陽中心のホロスコープ曼荼羅

先日、モニターをさせていただきました♪

ヘリオセントリック(太陽を中心にした太陽系の星の配置)のホロスコープ曼荼羅。

上の画像の右がわです。

左がわは、ジオセントリック(地球中心)。

ヘリオセントリックチャートは、平面ではよくみていたけれど、立体になると、さらにうわぁーとゾクゾクするような、喜びがある。(わたしは、体にもぶわーっと温かい何かが流れるのよ)

これがわたしの宇宙なんだ。。

 

近視的には、うまくいかない、ついてない、と感じることも、大きな長い視点でながめてみれば、ちがう意味もみえてくる。

個人を超えたところからくるインスピレーションが、現実を生きることをサポートする。

そんなことを意識する時代なんだろうな、と思うこのごろ。

このホロスコープ曼荼羅作家のちほさんとも、そんなお話をしてました。

 

全体の調和のなかで生きるって、自分の魂がしめす、快・不快という、感性のナビゲーションを生きることと同じ。

根っこはつながっているのだから。

外がわの圧力で無理やり何かになるのではなく、内がわから“自分”に自然になっていく。

そんな本来のエネルギーをいかす有機的(オーガニック)な在り方は、食べ物や暮らし方だけじゃなくて、人の生き方にもあてはまるよね。

 

人が内がわから有機的に自分になっていく。

ありのままにしていれば、自然にそうなるものだろうけれど、社会的な規制や常識、怖れにコントロールされすぎると、その自然を見失う。

占星術は、使い方しだいでは、そんな本来の生命の健やかさをとりもどす助けになる。

それがわたしのやりたいことなんだなぁ、わたしの命の使い方なんだなぁ、とこの2つのホロスコープ曼荼羅をながめつつ、あらためてお腹の底から納得してる。

 

このごろ、占星術を知る人がふえているのも、個人がそれぞれの力で、自分の生き方をとりもどすこととつながってる気がする。

 

こちらのホロスコープ曼荼羅の作家さん:よしのちほ さんのブログはこちら☆
「我」を超えていく

 

*****

 

現在募集中のお茶会
詳細はこちらです

★星読みお茶会〜わたしはこれからどう生きる?〜★

日 時: 12月3日(日)13時~16時
場 所: 西国分寺駅から徒歩7分のレンタルスペース(お申込時にメールにてご案内いたします)
参加費: 3,500円
定 員: 8名(残席2名)

お申し込みはこちら
※題名に“ 星読みお茶会 西国分寺 ” とお書きください。

または、chie909@gmail.com 宛にメールをお送りください。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someoneShare on Google+

コメントを残す

*