新月・上弦の月・満月・下弦の月,  惑星ノートカレンダー

【天秤座で新月】喜びの泉をふかく掘り大切な人と分かちあう

明日、20日の未明、4時12分に、てんびん座で新月ですね。

ただいま、つづき記事のビーナストランジット編を下書きちゅうですが、新月の星読みを書こうと思います(o^^o)

今回の新月、金星がホームのてんびん座にいて、のびのびとしています。

愛や喜び、心地さ、豊かさ、うつくしさへの感覚がつよまっていそうですね。

 

*****

てんびん座も金星も、バランスのとれたパートナーシップや、相手を喜ばせ楽しませること、を意識させます。

 

今回の新月からのおよそ2週間は、自分にとっての喜びや心地よさをとことん追求する。

と、同時に、まわりの人の感じ方にも興味をもち、

自分が感じている喜びや楽しみを、「どうすれば相手の心にも伝えられるのか」という視点をもちつつ、自分なりに表現の方法をさぐることになるでしょう。

 

まわりの反応を意識すると、自分の軸がぶれることもあります。

でも、相手に合わせるのではなく、「自分がどうしたいか」を中心にして立つ。

まずは、まわりの反応を、自分の個性をきわだたせる手がかりにする、ということです。

違いがあればしめたもの。自分にしかだせない色合い、味わいを、みつけだし、さらに濃くオリジナリティを抽出し、自分をあらわすロゴをつくる感じ。

そうやってくっきりと自分の好みや特徴をあらわすことで、おなじ価値観を分かちあい、大切にしあえる相手をみつけやすくもなるでしょう。

そういった人たちとの繋がりをつよめられる時期でもあります。

 

自分のありのままをいかすスタイルを確立し、届けたい相手がどういう人なのかを意識する。そして、ちゃんと届くように、心を尽くして工夫してみる。

そうやって、活躍の場や、人とのつながりを広げていけるでしょう。

 

10月28日くらい、感情をつよく揺さぶられるような出来事があるかもしれません。

自分の本心をふかく理解するきっかけになりそうです。

 

 

占星術師・タロットリーダー* 宮崎市在住。オンラインでも活動しています。 心理占星術、タロット、フォーカシングというツールをつかい、本当にもとめている答えを、一緒に探っていきます。 ご本人さまの体と心の感覚によりそい、それを的確にあらわせる言葉をみつけ、フォーカシングというカウンセリングの技法の一種をベースにした対話をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です