幸せ脳のつくり方

ショーン・エイカーさんの、TEDのスピーチ『幸福と成功の意外な関係』がおもしろかった。

(TEDとは、価値のあるアイデアを世に広めるために、さまざまな分野の第一線で活躍する人たちを招いて講演会をひらいている非営利団体です。)

現実がわたしたちを形づくっているのではなく、脳が世界を見るレンズによって、私たちの現実は形作られる。

そのレンズを変えれば、自分の幸福を変えられるばかりではなく、あらゆる学習や仕事の結果を変えることができる。

社会的な常識では、成功をすれば幸福になれる、と教えるけれど、脳の科学的なしくみでは逆になっている。

実際は、目標を達成して成功するたびに、脳は目標をさらに高く書きかえ、その向こうに幸せをもとめるならば、たどりつくことはない。

逆に、幸せ脳であれば、創造性も生産性もあがる。

 

幸せ脳をつくる方法もさいごに教えてくれます。

  • 毎日あらたに、ありがたく思うことを3つ書く。21日間つづける。
  • 24時間以内のポジティブな出来事についての日記を書く
  • 運動をする
  • 瞑想をする
  • まわりの人に親切な行動をする

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someoneShare on Google+

コメントを残す

*