【魚座で満月】心が響きあう人たちとのやりとりを通して願いを実現させる

満月は昨日の16時3分。
ピークはすぎたけれど、星読みを書いてみようかな、と思います。

前回の皆既日蝕からはじまった流れのひとつのステップ。
(大きくみれば、来年の2月までがひと区切りになります。)

夢見の海王星とピッタリ重なって、おなじように感受性がつよまる魚座で満月。

これまで身につけた常識や社会的な立場のかげで息をひそめていた、心の奥の望みがよみがえります。

育った家庭や地域での体験から身につけたこと、ずっとつづけてきたこと。
あたりまえに感じていた自分の感覚や能力を、自分にしかない個性としてあらためて意識することもあるでしょう。

 

感性の金星が、すこしななめの角度から、ピタリと焦点をあわせてきているのも気になりました。

この金星、まわりのなにものにもとらわれていない。
ただ純粋に、自分にとってのうつくしさや喜び、思いやり、生きていくなかで大切にする価値観を追いもとめます。

またそういった魅力的な人、あるいは無垢な存在、から刺激をうけて、自分のなかのスイッチが入る場合もありそうです。

 

自分の感覚だけをたよりにしていると、はじめはまわりから浮いているように感じることもあるけれど。

ねばり強く、自分の実感を一歩一歩たしかめながら、本当にもとめるものを堀りだそうとします。
その手ごたえを見つけ、自分への信頼も育った時、ひときわイキイキと光り輝くことができるのです。

どこででも誰にでも、ではないかもしれない。
ここぞ、という場所や仲間も見つけることになるでしょう。
もうすでに、手にしているかもしれませんね。
それにハッと気がつくとか。

 

満月に、かなり強くプレッシャーといえるくらいに働きかけているのが、水星と火星。
意図と行動、ですね。

ここで感じたことは、言葉にして伝えたり、イメージを描いて動かずにはいられなかったりする。

しかも、率直に、心にそった考え方がしやすい時です。
イメージを描く創造性もゆたかになりますし、くっきりと現実のカタチを与える力も強まっています。

ここも、人の手をかりて引きだされやすいでしょうね。

 

憧れる人、どうしようもなく惹かれる人は、あなたのなかにある一面をあらわしています。

遠慮なく夢中になって、そういった素質を解放し、自分のものにしていく。

また、率直で共感的なやりとりをとおして、実現する力も引きだされる。

 

しなやかに、心が響きあう人たちとかかわりながら、いま胸の奥に浮かぶ願いを実現する一歩を、踏みだすことになりそうです。

 

 

感受性のたかまりは、いつもはガマンしていたことも浮かびあがらせます。疲れや悲しさがあふれることもありますね。そんな時はまずリラックス→星の動きをみながら自分の内がわに触れる

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someoneShare on Google+

コメントを残す

*