ムリなく、行きたい方に、シャキッと背伸びする

4月から逆行していた土星が、今月の25日から順行にもどります。

逆行しているときは、その星にかかわることについて、自分の内がわでふりかえり、みつめなおす、期間になります。

土星は、すでにある社会の価値観のなかで、どうすれば認められるか。

いまもっている資源をムダなく活かして使いきる。

適材適所で長くつづくしくみや組織をつくり、うまく動くように管理する。

というような意識をあらわしています。

 

具体的にやっといた、やっとこうかな、と思いつくものを書いてみると、

  • 仕事など責任をもって関わっている分野について、やりなおしや調整をして、効率的に動けるように手をいれる。
  • これまでいろいろとやってみたこと、学んだことを、実際に現場で使えるものに磨いていく。
  • 自分ですることは、どれを最優先にするか、などきっちり考える。
  • 人に頼んだほうがよいことは、得意な人にお願いする。

などなどかな。

 

いろーんな可能性のなかから、自分の専門分野をみつけて、そこに本腰いれる、さらに必要な知識を学ぶ、みたいなこともあるでしょうね。(わたしは英会話をもうすこし話せるように学ぶつもり)

 

こういう意識は、長年のあいだに古くなり固まりすぎてサビつくと、

頑固さ、
規制しすぎた息苦しさ、
慣習にとらわれた無意味なルール、
やりたいことを強制的に止める、
人とちがうことへの罪悪感をもたせる、
ちゃんと出来ないといけないという恐れ、

にもなりかねないので、新陳代謝させるほうがいいです。

ムリしていること、もっている良さをうまく活かせてないところを見直して、等身大の自分が動きやすい、ふさわしい方法にかえる必要もあったでしょうね。

 

強制的に、素質に合わない方へコントロールするのって、実はすごく効率がわるくて、土星の望みにあってない。

過大なムリはなく、素質をのばせる方に、シャキッと背伸びする(すこしはムリする。当たり前が100だったら、120%くらいまで)、のがふさわしい気がします。

ほんとうに大事なことは守りつつ、まわりの人やすでにあるしくみのなかで、通じやすい方法に合わせる、すり合わせる部分もあると思います。

 

順行になる25日までは、最後の詰め、という気がしてます。

ここから、また外に向けて動きだすんだよね。

土星のことを考えてたら息ぬきしたくなったので、甘いものを♪

 

 

2015年の9月から射手座にあった土星は、今年2017年12月20日に、山羊座に移動します。

ここから2020年12月までの3年間、土星意識の働きかたが変わる。

ストイックに実践、結果につなげる、ムードが強まります。

山羊座にはいま冥王星が入っていて、大きく生まれかわる最中なので、ストイックさや社会的な義務感、社会のしくみ、ルールなどもまた変わりつつあります。

これまでの枠にはとらわれないスタイルで土星意識もあらわれるんでしょうね。

脱皮ポイントにたどりつくまでは、ググーっとプレッシャーをかけられるかもしれません。

外からか、あるいは自分のなかのフラストレーションの高まりとして。集中して打ちこむ、という手もありますし。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someoneShare on Google+

コメントを残す

*