<カレンダー>金星が、土星と向きあいます

夢中になっていることをまわりの人に広めたい熱い情熱と、衝動を抑える冷静さとが働くときです。
社会的に認められることを意識しつつ、心から好きなものを自由に個性的に表現できたらいいですね。
「こうすべき」と気がつかずにかけていた制限や、自信をもてなかったところへの受けとめ方を、変えるような情報や会話も生まれそうです。

 

24日の月齢は、0.7

(月齢とは→国立天文台のサイト

8月8日は部分月蝕(日本で見える):3時11分、みずがめ座
(国立天文台のHP)

8月22日は皆既日蝕(アメリカ。日本では見られない):3時30分、しし座
(国立天文台のHP)

 

参考記事: 惑星ノートカレンダーの使い方

 

太陽のエネルギー ~目的意識や創造力~

サビアンしし座2度
『An epidemic of mumps.』
~ おたふく風邪の伝染

自分が夢中になっていることへの情熱をふりまき、まわりの人を巻きこんでいく。
なんのためにかは無自覚に、熱狂することも。

 

 

惑星、太陽、その他の感受点、のようす ~湧きやすい衝動~


水星
が、天王星と120度

ピタリと角度をとるのは25日の未明

金星が、土星と向きあいます
ピタリと角度をとるのは24日の深夜

人づきあい、愛情関係、価値観、好み、お金について、厳しさや社会的な責任、つらさがあらわれやすいとともに、気持ちを切りかえるような発想や会話も生まれやすいと思います。

固くなりすぎた感性やものの見方を、斬新な考え方で変えていく。

ユニークなアイデアを、堅実にカタチに落としこむ。

 

太陽が、火星重なります
ピタリと角度をとるのは27日の朝

火星が、冥王星と165度
ピタリと角度をとるのは25日の早朝

大胆な行動力、プレッシャーを感じつつもそれをはねのけるほどのパワフルさ、を発揮できる時。
思いこみも強まるので、暴走気味になることも考えられますが、創造的に、正々堂々、と自分がどこまでできるのかを試してみるにはよい時期でしょう。
過去にできなかったことへの再チャレンジ。
怒りについての記憶、大きな怖れや抑圧感、についてあらためて深く理解できることも。
今の時点ではこえられない大きな壁にぶつかったとしても、できないと分かったからこそ、ちがう角度から見ることもでき、そこで湧いてくる知恵や工夫もあるはずです。

 

 

月のタイムテーブル ~感情、欲求、生活のムード~

月は、しし座

情熱、創造的に、自分でやりたい


は、明け方、愛と感性の金星と45度

やさしさ
せつなさ
愛や心地よさをもとめる

 

夜明け頃、制限と現実化の土星と135度

責任
厳しさ
社会的な立場で

 

早朝、受容と想像力の海王星と144度

ぼんやり
頼りなさ
眠気
直感的な

 

夕方、海王星と150度

不安
想像力が広がる
フィーリングで

 

、保護と拡大の木星と60度

大らかに
協力的な
野心や期待がふくらむ

 

夜遅く、深さと強さの冥王星と150度

集中する
心や体の重たさ
深い理解
疑い
本音

 

数日間をふくむ星のうごき


火星
が、20日の21時21分にしし座へ移動しました。

ここからおよそ6週間は、内がわから溢れてくるいきいきとした衝動を、創造的に表現していくことになります。
自己アピールしたい気持ちや自立心も強まるでしょう。

 


太陽
が、23日の0時16分に、しし座へ移動しました

これからおよそ1ヵ月間は、自分のなかから湧きあがる衝動を表現していくことになります。
はじめは、まわりの人とぶつかることも多いかもしれません。
おさえていた気持ちが強いほど、反動も大きいでしょう。
自分の心に素直に、創造性やドラマティックさ、自分を肯定する力、本来の生命力を輝かせる力を育てていきます。

 

天王星が、海王星と45度
ピタリと角度をとるのは8月11日の朝

常識にとらわれないものの見かたをする
これまでにはない価値観を受けいれる
目に見えないものを察して理解する

人道的な感性のつよまり
ちがいを超えて心をかよわせる

アートや映像を通した表現への興味がわく場合も

 

 

星のうごきの影響を感じやすい期間

青色は月と太陽。

・太陽は、2~3日間
・月は、2~3時間ふり幅をもちつつ、ほぼオンタイムです。

グリーンは、水星、金星、火星~冥王星まで。

・水星と金星は、半日~1日間
・火星は、数日間
・木星と土星は、数日間~数週間
・天王星と海王星と冥王星は、数週間~1,2ヶ月の影響とみています。

 

サビアン参照『決定版 サビアン占星術』(松村潔 著)

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someoneShare on Google+

コメントを残す

*