<カレンダー>しし座で、新月です

子どものように素直に、やりたいことをやってみて、思いきり遊び、まわりの人に「見て見て~!(^^)!」という。
ギラギラと照りつける太陽の輝きとともに、色あざやかな夏休みがはじまったようなイメージです。
心の底からあふれてくる喜びを体全体であらわす。
完ぺきじゃなくていいから、思いつくままに自由に何かを創ってみる。
理不尽なことにはハッキリと自己主張する。
自分をまるごと肯定し、のびのびと生きる力をとりもどす季節です。

これは今日からおよそ1ヵ月間の流れです。
上弦の月、満月、下弦の月、と変化がくわわります。

 

23日の月齢は、29.0
18時47分 しし座で新月
(月齢とは→国立天文台のサイト
8月8日は部分月蝕(日本で見える):3時11分、みずがめ座
(国立天文台のHP)

8月22日は皆既日蝕(アメリカ。日本では見られない):3時30分、しし座
(国立天文台のHP)

 

参考記事: 惑星ノートカレンダーの使い方

 

太陽のエネルギー ~目的意識や創造力~

サビアンしし座1度
『A case of apoplexy.』
~ 脳溢血の症例

個人の自我のエネルギー、創造性、情熱の爆発。衝動的になりやすい。
おさえていた自己主張、やりたかったこと、を思いっきり表現する。

 

 

惑星、太陽、その他の感受点、のようす ~湧きやすい衝動~


太陽
が、23日の0時16分に、しし座へ移動しました

これからおよそ1ヵ月間は、自分のなかから湧きあがる衝動を表現していくことになります。
はじめは、まわりの人とぶつかることも多いかもしれません。
おさえていた気持ちが強いほど、反動も大きいでしょう。
自分の心に素直に、創造性やドラマティックさ、自分を肯定する力、本来の生命力を輝かせる力を育てていきます。

 

 

月のタイムテーブル ~感情、欲求、生活のムード~

月は、かに座
17時35分に、しし座

かに座では、情緒、親しい人とのかかわりを求める、みんなと一緒に
しし座では、情熱、創造的に、自分でやりたい

23日の15時6分~17時35分はムーンボイドタイムです

は、夜明け頃、制限と現実化の土星と150度

責任をはたす
堅実に

 

お昼過ぎから夕方、土星と144度
変化と自己主張の天王星と90度

古いルールを変えてあたらしい方法をとりいれる
ストイックに
ムダなく本質をつかんで
必要なことを主張する

 

夕方、受容と想像力の海王星と135度

ぼんやり
眠たさ
心や体の疲れのデトックス
インスピレーションをつかむ

 

18時47分、太陽と重なり新月

手放しクリアになる
あたらしいはじまり

 

、活動と戦いの火星と重なります
太陽と165度

エネルギッシュに
強い怒りや感情
あきらめずとことんとりくむ

深夜、保護と拡大の木星と72度

大らかに
期待して

 

 

数日間をふくむ星のうごき


火星
が、20日の21時21分にしし座へ移動しました。

ここからおよそ6週間は、内がわから溢れてくるいきいきとした衝動を、創造的に表現していくことになります。
自己アピールしたい気持ちや自立心も強まるでしょう。

 

太陽が、火星重なります
ピタリと角度をとるのは27日の朝

火星が、冥王星と165度
ピタリと角度をとるのは25日の早朝

大胆な行動力、プレッシャーを感じつつもそれをはねのけるほどのパワフルさ、を発揮できる時。
思いこみも強まるので、暴走気味になることも考えられますが、創造的に、正々堂々、と自分がどこまでできるのかを試してみるにはよい時期でしょう。
今の時点ではこえられない大きな壁にぶつかったとしても、できないと分かったからこそ、ちがう角度から見ることもでき、そこで湧いてくる知恵や工夫もあるはずです。

 

天王星が、海王星と45度
ピタリと角度をとるのは8月11日の朝

常識にとらわれないものの見かたをする
これまでにはない価値観を受けいれる
目に見えないものを察して理解する

人道的な感性のつよまり
ちがいを超えて心をかよわせる

アートや映像を通した表現への興味がわく場合も

 

 

星のうごきの影響を感じやすい期間

青色は月と太陽。

・太陽は、2~3日間
・月は、2~3時間ふり幅をもちつつ、ほぼオンタイムです。

グリーンは、水星、金星、火星~冥王星まで。

・水星と金星は、半日~1日間
・火星は、数日間
・木星と土星は、数日間~数週間
・天王星と海王星と冥王星は、数週間~1,2ヶ月の影響とみています。

 

サビアン参照『決定版 サビアン占星術』(松村潔 著)

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someoneShare on Google+

コメントを残す

*