創造性の引出しをふやそう!そして、常識をくつがえせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

昨日は、元町のヒーリングハウスハプナのクリスマスイベント。

わたしは、午前中は、 “ テントの中で来年の星とおしゃべり ” 企画。
題して、『困った時は、ちえさんに聞け

実のところは、わたしが星のガイドとおしゃべりの進行役をして、知恵はみんなで出しあうってスタイルでした。
みなさま〜、ありがとう。

「すごく楽しかった〜♪♪秘密基地のなかで遊んでいるようでワクワクしました!」

「とってもためになりました!」

「来年の星の動き、いま私が感じていることと同じでした。楽しんでのっていけそう!」

「ぜひ、またやってください♪」

というご感想などいただきましたよ。
ほんとに、とっても楽しかったーー。

アイデアを思いつき、テントをつくって、発信して、実現してくださったハプナのオーナー・マリエさん、一緒に遊んでくださった皆さま、ありがとうございました。

こういうワーク(遊び⁉︎ )、森の中のツリーハウスや、南の島の珊瑚礁の海上コテージなんかでもやってみたいな。。。
いや、決めよう、やります〜♪

星のガイドは、本物の星空を眺めながら、ね。

 

昨日の内容は

はじめに、来年の星の動きをお話ししました。

その後、それぞれアストロダイスをふって、見えてきた今のテーマ、
そしてそれが来年の星の流れにのって、どんなふうに育っていくのか。
自由に、たくさんおしゃべりしました。

参加してくださった皆さんに、共通するキーワードもありました。
こういう集まりでは、よくあることですが、やっぱり興味深かったな。
同じ質のものが響きあう、ってことを実感するひとときですね。

なんども出てきたキーワードは

木星
土星
山羊座
10ハウス

文章にすると
『自分の素質、身につけたものを、みんなに分かるように形にして社会に出していく。』

取りくむ内容はそれぞれの個性にあったもので、またそのお話がおもしろかった!

世の中には、おもしろいもの、美しいもの、美味しいもの、役立つもの、苦しい時にサポートしてくれるもの、がたくさんあって、それぞれの担当が形にしていく。
そして、必要なタイミングで、楽しむ、味わう、使わせてもらうんだなーと思います。

来年の流れを読んで感じたのは、大まかには、

『創造性の引き出しを増やそう!』

『私の中にあるものを自由に試しながら、伝わる形にして、世の中にシェアしよう』

『常識をくつがえせ!』

かしら。

 

時期をとらえる感性のチューニングをする

時期を読むときにいつもお伝えするのだけど。
時期のことを頭で考えてしばられる必要はないと思っています。

では、星のうごきを通して未来を知ることの意味はなにかというと、

自分の中にすでに持っている、”時期をとらえる感性のチューニングをする” こと。

時期を読み、どんな運勢の中にいるのかを知ると、体の奥で今感じている「こうしたい!」「こんな時期かな。。」という感覚を引きだすことができるから。

このとき、星のうごきと一致させた自分の願望や予感を、「言葉にする、決める、意図する」のは、必要と思います。
そして、まずは小さくてもいいから、実際に一歩踏みだすことも。
それが宇宙との共同創作のはじまり、宇宙のサポートが動きだすスイッチだから。

ただ、そのあと、自分の感覚を後まわしにして、頭で「こうすべき」とコントロールして動くよりも、チューニングした自分の感覚を信じて、自然に動くほうがいいな、と思っているってことです。

そうしたら、「ここかな」、という感じがした時、気のせいだと流してしまったり、
悩ましく考えて否定してしまったりせずに、その波にのりやすくなります。

あとは、時期を読んで、現実を過ごしてみると、謎解きのようでとってもおもしろいから、です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someoneShare on Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*