星座会

私は、この世を動かし実りをもたらす~山羊座会~ その2

 

山羊座会のお話し、その1からのつづきです。

 

”ハーレムの王”って、占星術を学びはじめたとき、師匠が教えてくれた山羊座のイメージ。

その頃わたしは、山羊座のイメージを、堅実でコツコツ型の真面目、だと思っていました。

 

そんなわたしに、彼女は「イヤイヤそんなことはないよ」、と。

「彼らは遊ぶとなったらとことん遊ぶ。現状でゆるされる限り、最上の贅沢を望むひとたちなんだよ。

時間も資源もムダにすることなく結果をだすため、集中して努力する姿だけをとれば真面目に見えるけれども、

ただ、むやみにコツコツと努力する、というわけではなく、適材適所、合理的にものごとを運ぶのが得意なの。

だから、働くときにはするべきことに集中し、遊ぶときにはその時間を楽しみ尽くす、そのための準備をしっかりするんだよ」、と。

 

女性たちがたくさん囲われているというきらびやかなだけのイメージとちがい、ちょっと調べたところ、ハーレムって、囲われている女性の家族や親族を含め、たくさんの人たちの暮らす集合体のようです。

山羊座は、社会的責任とむすびつけられる星座。組織を管理したり、状況をコントロールする立場が似合います。

自分が統べる人たちにもゆきわたる実りをもたらし、それを維持していく責任感。

関わる社会の秩序を大切にし、みんなの生活を守る力。そんな面も合わせて連想される”ハーレムの王”ともいえそうです。

 

もともと”社会的に認められる”という意識を持っているとしたら、自分の経験や実力がその目的の地にたどり着くまでには、負けん気や根気を大いに必要としそうですね。孤独を感じるときもあるかもしれません。

 

 

山羊座会で拾った言葉

自分から喧嘩は売らないが、争いになったら決して負けたくない

みんなが守っているルールを、まわりのようすに無関心に破るのは許せない

他の人に迷惑をかけている行為は取り締まってもらうように動く、自らも取り締まる

モラル・ルールを守らない人とは友達でいられない

仕切りたがり

楽しむときには徹底的にその時間を楽しみつくす。だから気になることがないように手を打っておく。(電車の時間を気にしないようにホテルの部屋をとる、など)

ただ楽しむだけ、はしにくい。しなければならないことが気になる。しなければならないことのなかに楽しみが入っているのが理想かも。

習い事をするとき、たとえばそれ用の服が必要なとき、続けるか分からないときはどんな服でもいいから間に合わせる。続けると分かったらけっこう凝る。

道具はひとつの用途のものでなく、応用が効くモノがいいという意見が多い。逆に、それぞれの用途がきっちり分かれているのが楽しい、という人も。

 

 

占星術師・タロットリーダー* 宮崎市在住。オンラインでも活動しています。 心理占星術、タロット、フォーカシングというツールをつかい、本当にもとめている答えを、一緒に探っていきます。 ご本人さまの体と心の感覚によりそい、それを的確にあらわせる言葉をみつけ、フォーカシングというカウンセリングの技法の一種をベースにした対話をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です