星座会

私の庭は、きっとあなたを悦ばせる~牡牛座会~ その1


星座会、第3弾は牡牛座会!

5月5日の子供の日におこなわれました。

お気に入りの洋服を着て、おいしい物を食べながら、というアイデアがすぐに出てきたのはおうし座さんらしい。


会場となったのは横浜駅の近くのレストラン、ジンジャーズビーチ。

主催のYokohama-MayRoseさんが念入りな下調べのもと、決めてくださいました。

リゾートの雰囲気がただよう開放的な空間で、気持ちよかった。

(Yokohama-MayRoseさんのブログはこちら→しあわせを感じる力を高めよう


おうし座の世界、ゴロンゴロンとひとつひとつのものごとが存在している感じがします。

ゴロンゴロン、というのは、重さや質感、立体感を含めて詳細に記憶しているのではないか、というたとえ 笑。


お話しをしていても、しっかりとまわりに感覚を向けているのですね。

ウェイターさんの動き、室内を流れる小川のせせらぎ、ほかのお客さんの話し声、

窓から差しこむ陽の陰り、膝かけの柔らかな手触り、今食べている料理の味わい、

快適な温度が保たれているかどうか・・・。


にじみ出すおうし座スピリット。

そのなかに一緒にいた私も、明るい室内にただよう空気が、キラキラとした粒子を持っているかのように感じられました。


なにかを作り上げるとき、計画を実行するときなどは、この、まわりに向けている五感を閉じて、その一点だけに集中するのだそう。

「回線をひとつずつ切っていく感じ」、と表現されていたのが印象的でした。


お話しを伺っていると、自分の感性が充分に満たされるまで、ものごとを完璧に仕上げようとする力はそうとうのもの。

その間は他のことに目がいかないし、まわりの声も聞こえない傾向があるようです。


おうし座はよく職人と関係づけられますが、自分のなかにある美意識を、ブレなく形にあらわそうとするとき、それほどの集中力が必要なのかもしれないなぁ・・・と感じました。

だから、この集中力が外からの干渉で乱されるときの拒否感、抵抗感もそうとう強いようですよ(*^_^*)



私は気質的にはそうではないのですが、仕事の面はおうし座の力を使うポイントです。

なんとなく、このこだわり、集中して自分の感性の声を聞きとりたい衝動、分かる気がします。

 

その2につづく

 

 

 

 

 

占星術師・タロットリーダー* 宮崎市在住。オンラインでも活動しています。 心理占星術、タロット、フォーカシングというツールをつかい、本当にもとめている答えを、一緒に探っていきます。 ご本人さまの体と心の感覚によりそい、それを的確にあらわせる言葉をみつけ、フォーカシングというカウンセリングの技法の一種をベースにした対話をします。

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です