星座会

私は、この世を動かし実りをもたらす~山羊座会~ その1

 

山羊座の一般的な印象は、堅実さ、でしょうか。

でも、それは一面をあらわすだけで、山羊座の本質は”野心”、ではないかと思います。

”現実をうごかす何らかの力を手にし、限られた時間、資源を生かしきって成果を生み、そのシステムを維持していく”、という野心。

それは、その場をとりしきる義務感を生むこともあれば、全体を動かす立場:トップにのぼりつめなければ、という焦燥感をもたらすこともあるかもしれない。

 

山羊座会の第1回目は、5月25日(土)国立で開催されました。

山羊座会を思い出すと、頭のなかに、かすかに、チクタク チクタク、と時を刻む音が響いてきます。

同時に、いまいる場所にしっかり同化している安定も感じました。

まさに、”今ここ”、というのが山羊座スピリットといえるのかもしれません。

 

私が時間を気にして仕切る必要もないほど、誰かが、すぐに進行に必要なことに気づいて話が進みやすいようにしてくれました。

掲示する絵をどう置くか、誰がつぎに話をしだすのか。

それぞれの方が話すときにも、わりと一定の時間内におさまっていたのではないかな。

ここは話を自由にする時間、となると、話が途切れないように、テーマがまとまるように、全体が同じ目的に向かって力強く進んでいく。もたついたようなところがない感じです。

 

モラルに対して、熱い思いを持っている傾向がつよい印象でした。

みんながきちんと守っているルールを、まわりの様子には無関心に破る人をみると、かなり情熱が沸き立つ人もいるようです。

「ちゃんとやろうよ!」ということを言いたいし、行政に訴えるなどしてちゃんと対処したい。

 

気になるけれども、自分が手の下しようがない場合は、それを気にしないように気持ちを切り替え、自分ができる別のことに力を注ぐ、という意見もありました。それもまた、すっきりとした判断力ですね。

 

星座の会って、その場にいると、その星座のエッセンスをひしひしと感じます。

山羊座の場合は、なんか肌なじみがいい、というか、なんだろうこの感覚は?っとずっと思っていたのだけど、

違和感がない、んです。現実の世界そのもの、のエッセンス。浮いたところがない。

こういうとおもしろ味なさそうですか?

わたしはこの感覚、ものすごく興味深かったです。

本当に、現実をまわしている人たちなんだな~、と腑に落ちてきたというか。

 

ブログのつづきあります、その2書きます(^_-) →こちら

そして、なんと、山羊座会も第二弾があります~!7月4日(木)です! 詳しくはこちら主催のマリンカさんのブログ→「やぎ座の集い」 再び! 場所・集合時間が変わります

 

 

占星術師・タロットリーダー* 宮崎市在住。オンラインでも活動しています。 心理占星術、タロット、フォーカシングというツールをつかい、本当にもとめている答えを、一緒に探っていきます。 ご本人さまの体と心の感覚によりそい、それを的確にあらわせる言葉をみつけ、フォーカシングというカウンセリングの技法の一種をベースにした対話をします。

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です