星座会

あなたのなかに眠る物語を思い出して~魚座会~その2


3月3日にあった魚座会の記録、前回からのつづきです。

(開催してくださったなおさんのブログ→しないをしよう


太陽が魚座に位置していたときに生まれた人たち。
キャラクターをあらわす面はほかにもあり、性格が同じになるわけではないけれど、 太陽はその人の生命力の元。

どう人生を動かしていくか、のエネルギーをあらわすので、行動の目的や動機が共通しやすいです。
あと、その場にいて感じたのは、ただよう空気がおなじ質だなぁ~ということ。


魚座スピリット

ひとりで決めるよりも、まわりの人はどうしたいのだろう、と気になる。
自分からひっぱっていくよりもサポートをしたい。ときに譲りすぎて犠牲になっているような気持ち。
だから疲れたり悲しくなったりするときには、ひとりで部屋に引きこもりたい。

リフレッシュしたいときには、ひとりでお茶を飲みながらゆっくり過ごしたり、お風呂でぼんやりしたり。

いつもはぼんやりとした感じなのに、自然のなかにいると急に興奮したオラウータンみたいに暴れ回りたくなる。
服も脱いで裸で大自然に溶け込みたい。木に寄りそうのが好き。
光を抱いてしなやかに生きたい。


魚座会を終えた夕方、バスに乗り、外の景色を見ながら、なんとなくモワモワとした感情が、体の奥からしみ出してくるのを感じていました。
こういう感覚はなんども経験をしています。いつもは忘れている、かなしさやさびしさをともなう記憶が片隅から出てきているみたい。

そのときにはけだるさがあるのだけれど、ゆっくりと味わってたゆたゆと過ごしていると抜けていきます。
あとはスッキリ。やはり魚座のスピリットにはそういうものを引き出すなにかがあるのでしょう。

心の陰にそっと触れ、目に見えない物語を引きだす人たち。
その物語は、音楽やアートを通じて姿をあらわすこともあります。

 

魚座会でひろった言葉

言葉にしなくてもわかりあえる、ひっぱっていくよりもサポートしたい、なんとなくの感じで伝わっている

自分の秘密の部屋(場所)がある、ゆずり合う感じ、自分からは言い出さない、まとまらない感じ

人のためになりたい、犠牲になっている感じ、アイロニー、切なさ、自然のなかに身をおきたい、草木と会話する

光でありたい、そっとたたずんでいる、陰のものをひろう、受け入れる

占星術師・タロットリーダー* 宮崎市在住。オンラインでも活動しています。 心理占星術、タロット、フォーカシングというツールをつかい、本当にもとめている答えを、一緒に探っていきます。 ご本人さまの体と心の感覚によりそい、それを的確にあらわせる言葉をみつけ、フォーカシングというカウンセリングの技法の一種をベースにした対話をします。

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です