4月30日〈さそり座〉満月~5月25日までの星のうごき

4月30日~5月15日

個性的な仲間であつまり、その絆をたしかめる。

それぞれが自分自身の個性や良さ、そのままにいるから安定している。

大きな変化のきざしと変化への不安やプレッシャーも感じつつ、共感しあえるつながりが、緊張感をやわらげる。大きな夢も自然に描ける。

それぞれ個人が持っているものをいかしてカタチにすることで、みんながそれを楽しめるようになる、という社会的なつながり。

4月30日 AM 9:58 さそり座10度で満月

5月 5日 太陽が海王星と60度

5月 9日 太陽が木星と180度

5月12日 太陽が冥王星と120度

5月15日 PM 8:48 おうし座25度で新月

 

 

5月16日~25日

エネルギーの切り替えのピーク。思い切った行動。

自分自身の感性に合わないものをバッサリときりはなす。
合わないものをとりはずすことで、自由になる。本来の能力をのびのび発揮することに。

背後には、受容力の広がり。これまでの限界をこえて受けいれるものは何だろう?

5月16日 AM 0:28 天王星がおうし座へ移動
      PM  1:56 火星がおうし座へ移動、天王星と90度

5月25日 木星と海王星が120度

 

いろんな自分と出会う

自分のこと、どれくらい知っている?

“ 自分 ” という人格は、ひとつの面だけじゃない。

わたしは、占星術をつかう。だから、自分のなかに、ふだんとはちがう側面を感じたとき、それがどういう人格なのか、ホロスコープのシンボルをヒントに理解する。

続きを読む

なんにも感じない、という感じ方

”だいじょうぶ”、が口癖の人は、実はぜんぜん大丈夫じゃない。

心の中にさびしさやストレスをため込んでしまっている。という記事を読んだことがありますが、それはそうだろうな、と思いました。

これと似たようなことかな、と思うのですが、フォーカシングで、身体の感覚をさぐるときに「何にも感じない」というときがあります。

続きを読む

火星と冥王星のパワフルさをつかう

冥王星の逆行がはじまりました。

逆行とは、実際に惑星がさかさまに動きだすわけではなく、地上から見える動きが、逆に進むようにみえる、ということです。

心理占星術では、地上から観測する星の動きが、心の動きとシンクロしていると考えるので、冥王星が逆行する4月23日~10月1日の期間は、冥王星があらわすものごと全般にたいして、あらためてより深くそれと向きあい、これまでのことを見つめ直したりやり直したり、することになりますね。

続きを読む

春分のエネルギーを完全に私ゴトから読んでみる

昨日の春分、こちらは雪がふりました。

天気も、星のうごきとシンクロしてる。

あれ気味の空の雰囲気にも、大きなエネルギーの入れかわりを感じました。

天気も、その土地のもともとの天候のくせや地形などの地上の材料と、

宇宙があらわす目に見えないエネルギーの動き、があわさった共同創作といえますね。

続きを読む

自分のカタチ

その人の根底にある生命のほとばしり、お腹の底からでてくる欲求のままに、素直に生きられたら。

続きを読む